年間収支を網羅する美白ケアテンプレートを公開します
*
ホーム > 現金化 > 現金化でキャッシュバック方式の手数料

現金化でキャッシュバック方式の手数料

今回記事にするテーマは「現金化でキャッシュバック方式の手数料」についてになります。
クレカ現金化を利用する際は、現金化業者によって手数料がまったく変わってきます。
クレカ現金化の方法は二種類あるので、今回はキャッシュバック方式の手数料について説明します。

キャッシュバック方式の場合の手数料の計算などを下記に掲載します。
掲載する内容はあくまでも例えとなっておりますのでご了承ください。
例えば150,000円の手続きをした場合、還元率が81%だとすると121,500円がキャッシュバックされる金額となります。
この場合ですと、普通の人は28,500円が現金化業者の取り分だと思ってしまうことでしょう。
ですが、現金化業者はクレジットカード決済をするのに決済会社と契約をしています。
決済会社は国内と海外の二つがありますので、現金化業者によって契約している決済会社が変わってきます。
契約内容によっては決済手数料がだいたい3%~10%くらいかかるものだと思います。
取引金額の合計や実績などによって決済手数料が変わってきます。
従って決済手数料が仮に5%だったとすると、150,000円の場合7,500円がかかります。
先程の計算をすると28,500円から7,500円を引くと21,000円が現金化業者の利益と言えるでしょう。
全てがおおまかな計算となりますが、内容としてはこんな形になっています。
これをいいことに、悪徳な現金業者になると消費税や決済手数料など色々と言って換金率を下げてくる業者がいますので注意してください。

現金化の評判のいいサイトを掲載しておきます:ネオギフト口コミ


タグ :